まとちかサッカー日記

top▲

まとちかサッカー日記

2006年8月 NO.74
「合宿2連発の結果」

 2006年8月

 皆さん、こんにちは。毎日暑いですが、夏バテせず元気にお過ごしでしょうか!?
私は、夏は毎年フル回転で活動していますが、とても元気です。

 ジーコジャパンが終わり、オシムジャパンがスタートしました。私はジーコのサッカーも好きなので、日本では結果が残せなかったですが、非難することもありません。オシムのサッカーはジーコのサッカーと180度違ったサッカーで、メンバーもすっかり変わりましたが、この先どんなサッカーを見せてくれるか、それも楽しみです。

 さて、夏休みに入れば、大会や合宿だらけになりますが、私も夏休み入ってすぐに2連発で行ってきました。今年は7月29日〜31日に神戸FCのボーイズD(強化部小学3年生)が行く合宿に参加させてもらうことになり、御津に行ってきました。初めて見る遠浅の海に私も子供と同じようにはしゃいでしまいました。

 1、2日目は、交流試合を行い、いつもは5,6年生を指導している私にとって3年生はまだまだ幼く新鮮で、とてもかわいかったです。(5,6年生もかわいいですよ) 子供たちもまだ「女コーチ」として意識することもなく寄ってきてくれるのがうれしかったです。今年の4月から始まったチームなので、成長もこれから・・・・今はまだ課題もたくさんありますが、6年生になるまでどんなふうに成長していくか楽しみです。

 3日目には、海水浴を一緒に楽しみました。どこまで行っても水は浅く、子供たちに「そんなに遠くに行ったら危ないよ〜!」と言いながら、自分も海に入ってみてびっくり!一緒に沖のほうまで行って遊んでしまいました。でもさすがに私は午前中だけでぐったり・・・昼からも海に走り出す3年生にはついていけませんでした。笑

 そして次の週末8月4日〜7日には、毎年恒例のサッカースクールの網野合宿!今年は6年生2チーム、5年生2チームの4チームが大会に参加したので、とても目まぐるしく大会が過ぎました。私は今年担当の5年生の会場にいたのですが、網野の方も1日目に私の姿が見えなかったらしく、開会式でお会いしたときに「今年は(網野に)きてくれてないかと思いました」と声をかけてくださり、とてもうれしかったです。と言いながら、今年で私自身12回目の参加のこの大会、あと何年参加するのだろう・・・と心の中でつぶやいてしまいました。笑

 大会2日目でなかなか結果が出せずにいた5年生なのですが、本部テントで手伝いをしていた地元の高校生のお兄さんとすっかり仲良くなり、そのお兄さんが勝てないチームを見て「最後の試合で勝ったら、ジュースをごちそうしてあげる」と言ってくれました。最後の試合はいわば、最下位争いで1日目にも1度対戦した相手だったので、私は子供たちのモチベーションさえ上がれば、勝つ自信がありました。そしてお兄さんの言葉にすっかりモチベーションの上がった子供たちは1−0で見事1勝を成し遂げ、優しいお兄さんにジュースをごちそうになりました。ありがとう!!!

 このような感じでどちらの合宿も楽しく終了しましたが、その結果としてついてきたのが、真っ黒に焼けた肌・・・・。審判に行っても、毎日外で練習している選手たちに「私たちより黒いですよね・・・」なんて言われる始末。もう少しまめに日焼け止めクリームを塗りなおすような性格だったら、あと少しはマシだったかもしれませんね。

P.S
 のじぎく国体が間近になりました。私が審判の上を目指すことになったきっかけの大会です。もし今年兵庫県で国体がなかったら、何年か前に審判の上の級を取ることを薦められなかったかもしれない。そうなっていたら今のように別の角度からサッカーを楽しむことはできていなかった。約40年に1度の地元での開催の大会に、こうやって現役で審判をやっているときに参加でき、廻ってきた運のよさに嬉しく思います。体調を整えて、あとは大会の成功を祈るばかりです。

<戻る>