まとちかサッカー日記

top▲

まとちかサッカー日記

2005年2月 NO.49

「引退と移籍」

 2005年2月

 皆さんこんにちは!VDも終わりました。チョコをもらった方、あげた方それぞれ素敵な日になったでしょうか? 私は今年は父親にしかあげておらず、なんとも悲しい日でした。(涙) ま〜お金をあまり使わずに済んだのでいいのですが・・(負け惜しみ 笑)

 スポーツでは野球もサッカーもキャンプの時期、Jリーグの開幕も待ち遠しいです。Lリーグも同様、そろそろ各チーム動き始めてる時期だと思います。シーズンオフはどうしても引退する選手、移籍する選手の話になりますが、今年の田崎ペルーレにはとても驚きました。まずは、私がサッカーをしていた神戸FC出身で、田崎ペルーレのキャプテンでもあり、女子日本代表で去年はすごく注目されていた川上直子選手が、ライバルチームの日テレベレーザへ移籍が決まりました。このことを初めて知ったときは、私もショックでしたが、10年以上いたチームから離れ、周りの批判を受ける覚悟で移籍を決意した川上は、何もかも変えたい、自分自身の挑戦という強い気持ちがあるような気がしました。だから私はこれからも川上を応援していこうと思うし、がんばってほしいと思います。ペルーレに残っている選手もチャンスができたと思って新たにがんばってほしいと思います。

 もう一つは引退の話ですが、この日記でもちょくちょくお話したことのある私の元チームメイトで、田崎のGKをしていた大西めぐみ選手が引退することになりました。GKをやっている人で腰を痛めることは多いのですが、彼女もその一人で、ずっと腰の痛みと戦っていました。9年間田崎に所属し、ようやく試合に出られるようになったのが約3年前・・。長いサブ時代をぐっとがまんし、コツコツとがんばってきて、おと年のシーズンに全日本女子選手権、国体、リーグ優勝と総なめした時は本当にうれしかったです。去年の初めに続けるかどうか悩んでいましたが、彼女なりに去年1年続けることを決め、がんばってきました。去年の田崎は結果がよくなかったので、相当くやしい思いをしているはずですが、「他でサッカーするぐらいなら(できるぐらいなら)田崎でやるよ。」という彼女の言葉を聞いて、それでも「これ以上は無理だ」と決めたことに、私はもう何も言わないことにしました。(言えませんでした)

 彼女と同じピッチで審判をするということは、もうできなくなりましたが、私も限界まで走り続けようと思います。

 今シーズンペルーレが大きく変われるかどうかの勝負の年だと思います。皆さんの応援で後押しして盛り上げていきましょう!

P.S.
おと年のリーグ優勝が決まったさいたまスタジアムでの最終戦を私は見に行ったのですが、試合前のセレモニーで大西選手が私に気づいて投げてくれたサインボールを取りそこなったことが悔やまれる今日この頃です。めぐっぺ、9年間お疲れ様でした!!

<戻る>