草葉達也の神戸サッカークロニクル

top▲

「KOBEカップ2015 第2回全国大学フットサルリーグチャンピオンシップを見た!」

2015.03.19

3月10日、11日に、神戸ワールド記念ホールで行われた「KOBEカップ2015 第2回全国大学フットサルリーグチャンピオンシップ」を見て来ました。

日本各地の大学フットサル部の中でも、リーグチャンピオンや強豪チームを一同に集めた学生フットサルの大きな大会でした。昨年は広島で行われ、第2回として神戸で開催されました。北海道大学・東北大学・順天堂大学・慶應義塾大学・同志社大学・神戸大学など、大学フットサルではトップクラスのチームが12チーム。

会場のワールド記念ホールには2つのピッチが作られ、若さあふれる学生たちの熱い戦いが繰り広げられました。

優勝はホストチームの神戸大学。昨年は惜しくも同志社に敗れて準優勝でしたが、今年はその雪辱を果たしました。運営や宣伝も学生自身がやり、大学フットサル、および各地域の学生リーグの発展につながればというのが大会のテーマ。

決勝戦でも点を決めた神戸大学のキャプテンの木村弘基君は「新チームになってから短い期間ではありましたが、ハーフからカウンターというスタイルを徹底できたことが勝因だと思います。夏の学生選手権を戦い抜くにはまだまだ実力不足なので、夏に向けて精進していきたいと思います」と話していました。

協力:神戸大学体育会フットサル部FORCA×Guerreilla

草葉達也プロフィール