カルチョの旅

top▲

 

2003.9.11 NO.8


「19/34?!…いや19/28?!…なんと19/26もあるんです!!!」

Ciao! 

いよいよセリエAが開幕です。(いろいろ問題はありましたが…)
今シーズンも、皆さんへ楽しい話題、興味ある話題を発信していきたいと思いますの
で、よろしくお願いします。

さて、質問です。日本で一番知られていて、興味を持たれているるスポーツはいった
い何でしょう?!
様々な返答が返ってくると思いますが、恐らくは野球でしょうか?では、その野球
が、スポーツ新聞で何面ぐらい記事として扱ってありますか?!
それほど多いページ数ではないと思います。飛ぶ鳥を落とす勢いで優勝へ向かってい
る阪神を応援する「デイリーS新聞」でさえ、その取り扱い頁数は5面ぐらいでしょ
う。

イタリアでは?

別に宣伝するわけではありませんが、私はイタリアで「La Gazzetta dello Sport」
を毎日購読しております。何故って、この「Gazzetta」ときたら、とても充実してい
るんです!
何が充実しているか?! それは… 「19」 だからなんです!
今日の「Gazzetta」を例にとってみましょう。今日は、全部で34面。そのうち広告
面は6面、そして表裏面が2面でした。ということは文字を読んだり、写真を眺めた
りする面は全部で26面です。(表はだいたい今日の見出しや内容について触れてあ
るので除くとしましょう。また今日の裏面は、広告でした)

皆さんご存知の、イタリアで最も人気があって全国民が知っているスポーツとと言え
ば…そうCALCIOですね。今日の「Gazzetta」26面中、サッカーの締める頁数は、なん
と19面もあるのです。なんという充実ぶりでしょう!
そして、その内容ですが、非常にバラエティーに富んでいます。
まず1面をめくったら、欧州スーパーカップ(C.L.の優勝チームとUEFAカップの優勝
チームの戦い)のスタメン予想が掲載されています。もちろん図解も。そして、今日
の戦術や各選手・監督のインタビューが2面ぐらいあります。

昨日、C.L.の抽選会がありましたよね〜。次に占めるのはその話題です。☆今年CLに
はイタリアから4チーム(ミラン・ユーヴェ・インテル・ラツィオ)が参加します。
その抽選会の結果と日程が掲載されてあるのですが、素晴らしいのはここからです
!!!
各4チームが、2次リーグで対戦する相手の分析がされてあります。そのチームの注
意すべき選手は誰? どんなフォーメーション? 監督はどんな人?そしてチームの
代表者(ゼネラルマネージャー・監督)が、それについてコメントしているんです。各
チームにつき、1ページずつ!
これだけで、もう充分満足なのにまだまだ続きますよ〜。

お次は、メルカート(移籍市場)の話題。
日本でも、チェルシー(プレミアリーグ)の大富豪が次々と大物人気選手を獲得して
いることが報道されていると思います。
イタリアでも同様に報道されているのですが、私がすごいと思うのは、そういった大
きな話だけでなく、セリエBやCといった下部リーグの移籍情報も実に充実している
点。そして地元紙にもなると、その下のセリエDやアマチュアリーグの移籍情報まで
掲載されてあるのです!!!

まだまだ終わりません。

セリエA開幕に向けて、セリエA18チームが毎日1チームずつ特集されています。
(※今日はレッジーナでした。ちなみに中村俊輔選手は控えになるとの記事でした
…)
ここでは今年の予想布陣に始まり、試合途中のフォーメーション変更にともなう布陣
予想、今年の新加入選手・放出選手のリスト、そしてその収支バランス、監督にまつ
わるエピソードまでもが掲載されるのです。

ほんと、電車で通勤されるスポーツ好きには理想の新聞ですよね〜(笑)
ここまできたら一種の雑誌と言っても過言ではありません!
そしてようやく最後になります。
今週から開幕するセリエAの対戦カードと日程、その対戦チーム同士の事情(練習の
模様・ケガ人の状況・先発メンバー・監督の考えetc)が掲載されてあります。同じ
面にトトカルチョの予想もあります。

どうですか?
読みたくなったでしょう??(笑)
サッカー好きな人にはたまらない情報の数々!(これほど多くの話題を提供できる
位、試合・人気選手が多いというのも一つの理由でしょうね)
「スポーツ新聞」とはいえ、あまりにもサッカーに比重をかけ過ぎているように思え
るのですが、これがまた売れるんですよね…(笑)。
スポーツ新聞好きの私でも、これだけ記事があるとさすがに全部読みきれない日もあ
ります。

こんな「La Gazzetta dello Sport」を抽選に1名さまへプレゼント!…と言いたい
ところですが、私にとっては、神聖な「バイブル」なので、HPを紹介して終わりとさ
せてもらいます(苦笑)。

www.gazzetta.it

それでは皆さん、セリエA2003−2004をお楽しみください!!!

Kawa


<戻る>