カルチョの旅

top▲

 

2003.6.30 NO.3


「視野を広く持とう?!」

 Ciao!
今回も少し昔話になります…。
しかしこれもまた非常に興味深い話だったので皆さんへぜひお伝えしたいと思いま
す。

13/4/2003
「ミラノダービー」(インテルvsACミラン)をBar(バール)にて観戦してきました。そこで一つ発見があったので、皆さんへ伝えたいと思います。

昨夜は少しワイン(そんな高価ではないので余計に)を飲みすぎました(苦笑)。
もちろん楽しいひとときを十分満喫したためです。
それもそのはず…なんと言ってもユヴェントスを追いかける挑戦権をかけたダービー
を見たからです。その盛り上がりときたらすごかった! 

そしてこの試合は、同じ語学学校に通う4人のGiapponeseと一緒に楽しみを分かち合
いました。それぞれがミラニスタ・インテリスタとなって…。 

試合が刻々と進み、前半終了!
お互いに失点を避けたいせいか?序盤から静かな戦い。

あっそうそう言い忘れていました。この日はPizza(ピッツァ)を食べました。
 しかも5人もいたので、いろんな種類のPizzaが食べることができて、「幸せ
〜!!!」を実感。
だから前半は集中して見ていなかったということです…。でもこれがあとに重要な
ファクターになることは思ってみませんでした。

そしてハーフタイムが終了し、いよいよ戦いは佳境を迎えます。
そんな後半17分。ACミランのF.インザーギが、ルイコスタからのスルーパス
(これがまた針の穴を通すような絶妙なタイミング)を受けて、目にもとまらぬ鋭い
振りの右足シュートを放つ。インテリスタの希望を打ち砕くゴールでした。 

ところで、私が元々イタリアCalcioにはまった理由は、1980年代のACミラン
なのです。だから、今日も当然ACミランを応援していました。
でも、だんだんと弱くなっていったというのと、自分の理想のチームから外れていっ
たので、だんだんとミラニスタではなくなっていったのです。
今一番応援しているのは、もちろんペルージャ!

さて、話に戻りましょう。この1点を入れたときに事件は起きます!!!  なんと満員
のBarの中で喜んでいるのは私とその友人の一人のみ!どうやらあとはインテリス
タ!!!
なんと間の悪い二人でしょう…?!
いくらPizzaを食べていたからとはいえ、周りを観察する視野の広さを持てな
かったのは、この日の最大の敗因(別に何かに負けたわけではないのですが)!!!
一応イタリア語も耳に慣れてきて応援している言葉は理解できるのですが、最前列の
テーブルに位置していたため、あまり注意していなかった…と思っても後の祭り!!!

それからの時間はなんと寒い雰囲気だったことか…。
しかも旗色が悪い二人に追い討ちをかけるがごとく、後半21分にインテルのDFコ
ルドバがCartellino rosso(レッドカード)!!!
さらにインテリスタの機嫌が悪くなり、戦っているインテルと同じ心境の私たち…。
そして試合は終了。

すでに1点入ったとき(それに気付いたとき)からは、目立たないように応援してい
たこと、もうインテリスタがScudetto(優勝するという意味※詳しくは「小
さな盾」を意味します)をあきらめたということから無事帰宅に成功しました…。

よく、「視野を広くしよう!」とプレイヤーに投げかけている皆さん!もしかしたら
自分が一番忘れているかもしれませんよ、笑。

こんな感じで外的環境から視野を広くもたなければいけないことはたくさんありま
す。次回はその外的環境から受ける「視野と感覚」について触れたいと思います。

それでは皆さん「視野は広く持ちましょう!」 (笑)

Kawa


<戻る>