カルチョの旅

top▲

 

2005.9.10 NO.34


「Mamma mia!」


「Mamma mia(マンマミーア)!!!」

日本語に訳せば「なんということだ!!!」「うわ〜!!!」という非常にネガティブな表
現で使われるイタリア語の代表的な言葉といいましょうか、おそらく日本の皆様も耳
にしたことがある言葉です。

そんな「マンマミーア」、イタリア人はよく発しますが日本人はよっぽどのことがな
い限り口にしません。

…しか〜し、日本からイタリアへ旅立つ関西空港でさすがに我慢強い日本人でもこの
言葉を連発する事件に遭遇したのです…。

8月26日の早朝私は嫁さんとその両親と一緒に関西空港へ出発。(私だけがイタリ
アへ)当日は私の母親も励ましを込めて広島からわざわざ見送りに来てくれたのです。

この時点でまず説明しておきたいのは私の行程。
イタリア首都ローマから3時間もかかるペルージャにたどりつくためには…。
関西空港発10:20
ウィーン着15:35
ウィーン発17:35
ローマ着 19:20
到着後、荷物を取り出して急いでもペルージャ行きの電車に間に合わないためローマ
で一泊する必要がありました。
だから事実上27日の朝に電車に乗り午後にペルージャに到着する予定でした。

ゲートには9:50には到着しておかなければならないため涙涙のあいさつもサクッ
と出国検査を終えるために「ごめん、時間ないからじゃ行ってくるね〜」と軽く済ま
せたのです。

しかしゲート18番で10:20が過ぎてもまだ搭乗アナウンスがありません…。
ピンポーンパンポーン♪「10:20ウィーン行きの○○航空は機材故障のため
13:00まで出発を見送らせていただきます。」

「おい〜!」「最悪や〜ん」「マジでぇ〜」
私以外のお客さんはかなりのブーイングの嵐。
しかしイタリアで出発が遅れることに慣れた私はむしろお昼ご飯(残念ながら写真を
撮ることを忘れてしまった…)をサービスで出してもらえるお客様第一精神に感謝
し、それまで無料インターネットパソコンをしながら連絡を待ったのです。ちなみに
自分のパソコンも接続できるので機会があったら利用することをお薦めします。

さて、13:00になりました。
それでもなにやら雲行きが怪しい様子。
しびれを切らして13:00を過ぎてもアナウンスをしない○○航空に13:07
食って掛かるおばちゃん二人組。

そんな二人の勢いに圧され、ピンポーンパンポーン♪「10:20ウィーン行きの○
○航空は機材が回復しないため22:30発となりました。皆様に心よりお詫びいた
します。」

「Mamma mia!」
 


(変更表示の掲示板)

…なんと12時間遅れです。
朝10:30発が夜10:30発になりました。
おそらく飛行機の故障で、次の便が日本へ来るまで代えがきかないのでしょう。

これなら朝あんなに早く出発する必要がなかったです。
しかも出発を急いで松井家(嫁さんの家系)のみんなやウチのおかんとお茶もできな
かったのに、搭乗手続きカウンターの前でそういった情報をもらえたらお昼ご飯も一
緒に食べることができていたのに!!!怒

もちろん他のお客さんも怒りは頂点に達し、大ブーイング。
新婚旅行・仕事etc、日程が狂うことは間違いなし。
ホテルへキャンセルをするために電話する人、旅行会社に電話をする人、各国で待っ
てくれている友人・家族に電話する人…。

ところが!!!
…実は私、意外なことに気付いたのです。
冷静にイタリアに着いてからのことを考えると私にとってはこの変更はかなり好都合
に事が運ぶのです。
26日22:30に出発することによって7日の朝5:00ぐらいにウィーンに着きま
す。
おそらく9:00にはローマに到着するでしょうから直通バスでゆったりとペルー
ジャに帰ることができるかもしれません。
さらにはローマで一泊しなければいけないところがなんとホテル代が浮きます。
ラッキー。
しかもネット接続ポイントで首尾よくこの夏休みにお世話になった方々へ御礼メール
をジャンジャン送信できています!
一方、他のお客さんたちはいまだ執拗に抗議を行なっています…○○航空会社に。

そしてそんなお客様のためなんと夜の22:30発の飛行機までホテルを各々に用意
してもらえるらしいのです。ちなみにイタリアだと間違いなく空港で待たされます。


というわけで日本でも空港とホテルで半日をつぶすという貴重な体験をしました。
イタリアだったらこんな無料ポイントはなかっただろうし、お昼ご飯をサービスとし
て出してもらえなかったでしょう、しかもみんなが時間遅れの文句言っている間に箱
の中で余っている弁当をもう1個もらっちゃいました、笑。

そうそうもう一つ付け加えると夕食代¥2000までOKという指示をもらったので最
後の日本食を満喫するためにカツ丼と肉そばをちょっとした値が張るお店で頂きまし
た…って食べてばっかりな私…苦笑。

とここまでが出発直前に書いた「カルチョの旅天国編」でした…。
次回はそうこの後まさに私もマンマミーア状態に陥る、他人の「Mamma mia」が自分
に倍以上になってはね返ってくる「カルチョの旅地獄編」です。

それではまた。
Ciao!

Kawa
 

(変更後の飛行機を待つ人々)

(無料インターネットポイント)


<戻る>